2018/02/09 16:36


「ぶ」ではその理念・挑戦に賛同いただける方々からのご支援を「協賛提灯」という形で募集しました。
世の中の多くのマスメディアは広告収入によって収支バランスを取っていますが、「ぶ」ではその方法を止めました。本誌での振り切った表現を徹底するために、既存の雑誌広告やタイアップページなどではなく、現代のお祭りで灯される提灯同様、個人・団体問わず寄せられたご支援を「協賛提灯」として誌面に掲載しています。

この協賛提灯含め、雑誌の制作費支援を募ったクラウドファンディングは1ヶ月半の募集期間で支援総額230万円を達成しました。多くの方々からのサポートを受け、本誌を創刊できることを心より感謝申し上げます。

  • Home
  • About
  • Contact